post

ダンスのスクールではどういうところで行うのか

早朝などに若者がガラス張りの建物の前で踊っているのを見かけることがあります。

鏡ではないですが、自分たちの姿を映すことができます。

ですから、それを見ながら、練習をしているということなのだと思います。

本来であれば、スタジオなどを利用したいところでしょうが、お金がかかります。

人に迷惑がかからない程度に、そういった施設を利用するというのは良いことになるでしょう。

自分自身がダンスを学ぶとしたら、どのようなところで学ぶのでしょうか。

うまくはないですが、きれいなところで練習をしたいというとき、場所が気になるということがあります。

これはスクールによって違うと言えます。

多くの場所に置いては、全面に鏡があるところ、床はピカピカに磨かれた床のところで練習をすると思います。

ひとつの部屋しかないところもあれば、大規模なところであれば、いくつも部屋があるということがあります。

その日によって、いろいろな部屋を使うことができることもあるようです。

そういうところであれば、楽しみも増えることになります。

今日はどの部屋、次はこの部屋というように学ぶところが変化するということです。

同じところでは飽きるということもあります。

変化のあるところだと楽しめます。